塗りつぶし部分明らかに

  • 2017.03.12 Sunday
  • 00:45

いじめ問題専門委員会の調査結果報告書が、多くの部分を黒塗りにして市議会総務文教常任委員会に提出していた問題で、10日の予算審査が紛糾しました。

たびたび審査が中断しましたが、基本的に黒塗りを解除した報告書が委員会に提出されました。これまでの報告をくつがえす重大な事項もありました。

 何故、市議会最終日まで黒塗りで通そうとしたのか、相撲のまちとの関係、部活とクラブの関係等、報告書でわかりやすく解明されていることがわかりました。

報告書を読んで、かつての部落解放同盟の蛮行の構図を思い出しました。

解同が差別と認定し糾弾する、学校・教育委員会・行政が屈服、解同の利権確保がその構図でした。利権の極みであるプールで鯨を飼っている写真が衝撃的でした。

 それほどひどくはありませんが、強いものに屈する教育委員会・行政の姿がだぶります。いじめを無くさなければならない立場にあるものがこんな姿勢では…と思いました。委員会が終了したのは21時半頃でした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM